ファイナンシャルプランナーの資格を生かすには

ファイナンシャルプランナーの資格とは

ファイナンシャルプランナーは国家資格と民間資格があります。国家資格は、ファイナンシャル・プランニング技能士で1、2、3級に分類され、1級が1番上級の資格になり、一度取得するとずっと有効です。民間資格は、CFPとAFPに分かれCFPが上級資格になり、更新手続きが必要になります。ファイナンシャル・プランニング2級とAFPが同レベルとされ、一緒に取得する人も多いようですね。双方ともに資格を取得することで、顧客からの収入や支出、家族構成や手持ちの資産についての個人情報を聞いた上で、住居の購入や子供の教育資金、退職後の生活等のリスクを考えて、将来の顧客家族の生活計画を立てたり、アドバイスをしたりすることが可能になりますね。

就活のアピールもできるファイナンシャルプランナー

ファイナンシャルプランナーの資格は、学生が就活するに当たってのアピールポイントにもなりますよ。特に金融機関や保険会社等に就職を希望する場合に有利になります。家庭生活の計画を立てる面から、金融機関を希望する場合は、住宅ローンや教育ローン等の貸し付けの際に、返済計画について顧客にも自社側も納得できるようなプランが立てる能力があるとアピールできます。住宅に関して言えば、住宅メーカーや不動産業界に就職を希望する場合にも有利になりますね。保険会社を希望する場合は、顧客の家族構成によって、資本性の高い学資保険を勧めたり、子供の小さいうちは死亡保障を厚くしたり、と状況に応じた保険をすすめることができる能力がある証明にもなります。

ダブル取得で独立も視野に

ファイナンシャルプランナーは独立しても活躍できます。顧客にあった計画を立て相談業務もできますし、他の資格を組み合わせてより強みを持たせて開業することもできます。不動産会社勤務の経験を活かしたいなら、宅建と一緒に取得するといいですね。会計や経理の知識があるなら、税理士を一緒に取得すると、顧客の経済状況を見ながら、税金や相続に関した問題も絡めて適した計画を立てることも可能になりますね。社労士なら、年金や社会保険の専門家の立場からアドバイスできるようになり、資格により違う方面に強みが出てます。

cfpとは、世界で認められた共通水準のファイナンシャル・プランニング・サービスを提供できる、という証明のことです。