あなたはどうやって勉強する?行政書士への道

独学で勉強!自分のペースで資格取得を目指せ

行政書士の資格を取得するための試験勉強をする場合、独学で合格を目指す方も多くいます。自分で教材を購入して、自宅や通勤時間など自分の都合のいい時に勉強することが可能です。また学校などに通うわけではないので、必要な費用は教材費だけなのも独学で勉強することのメリットです。一方でデメリットとしては、どの教材がいいか迷うということや、質問できる人が近くにいない可能性もあるということです。教材はインターネットで評判を調べたり、疑問点もインターネットの掲示板等で第3者に質問して解決することも可能です。

環境から整える!設備の揃った学校での学習

独自で勉強するのではなく、しっかりと教わりながら勉強したいと考えているのであれば、資格の勉強ができる学校に通うのも選択肢の一つです。学校には資料がそろっていたり、学習のための設備が整っています。また先生に質問でき、さらに学習のサポートを行ってもらうことができるのも学校に通って勉強することならではのメリットです。学校に通う場合には、働きながら学習する場合、学校に通う時間を確保することが難しいなどの問題点もあります。

教わりながら自分のペース!通信講座という選択肢

独学で勉強するのは不安だけれども、学校に通って勉強する余裕がないという場合であれば、通信講座を利用するのも選択肢の一つです。教材を自宅に送ってもらい勉強することができるので、自分で教材を選ばなくても勉強を進めることができます。また課題を提出して添削してもらうことができるので、間違っている店などをフォローしてもらうことが可能です。通信講座のため、仕事が忙しくて勉強する時間がない日には勉強せずに、週末にまとめて勉強するなど自分のペースでの勉強が可能です。

行政書士の試験は、毎年度11月第2日曜日に全国47都道府県で行われます。出題形式は5択問題と40字程度の記述式の組み合わせとなっております。合格率は、2014年度で8.27%と難易度が高い試験です。